アーユルヴェーダヘッドスパと自律神経の関係

ヘッドスパ

こんにちは✨オージャス スクール校長 高縄慶子です

アフターコロナの時期が到来しました!なが~いマスク生活。息苦しい年月を過ごしましたね。
ここにきて、なんだかおもだるいやる気が出ない集中力低下。などなど

最近、スパ現場でお客様に接していると、非常に多いカパドーシャ現象。
マスク生活の息苦しさの中で知らず知らずのうちに口呼吸になり、鼻つまりや頭重などの不調に悩まされている方が多く見られます。

う~ん。苦しい。。

鼻腔やその奥の上咽頭のすぐ近くには、自律神経ホルモンに関係する大切なコントロールセンターがあるのです。

アーユルヴェーダではヨガの呼吸法として、長い時間をかけて左右の鼻孔を交互に開き、吸って・止めて・ゆっくり吐くプラーナヤーナという呼吸法があります。改めて行うと「あれ?!呼吸浅い💦」って気がつくのです。鼻がつまって、頭が重い。体もだるおも。そんな時には風を起こして湿を払う、アーユルヴェーダヘッドスパ・カパ(ガルシャナドライヘッドスパ)


ホームケアでも鼻うがいやパンチャカルマで行う「ナスヤ法」もおススメです

鼻腔のなかや副鼻腔に溜まったカパ(水)の湿を払うオージャスの「ヘッドスパ・カパ」

使いすぎた脳神経をなだめて、深いリラクゼーションへと導く「ヘッドスパ・ヴァータ」

かみしめや、くいしばりで緊張した頭部の筋肉をリリースしていく「ヘッドスパ・ピッタ」

ドーシャ別のヘッドスパスキルを手に入れて、メニュー化、差別化しませんか?

タカナワビューティーセラピストスクールでおまちしております✨